今年はコロナウイルスの関係で例年通りの大きなプールに一斉に入ることはできませんでした。

しかし、”今年だからこそより楽しい活動をしよう!”と考え、にじ組では泥んこ遊びや泡遊びを楽しみました。

泥んこ遊びでは砂と水を合わせて「コーヒー牛乳作ったよ!」と見せてくれる子や、友達と協力して山やトンネルを作るのに夢中になる子もいました。

 

 

 

初めは恐る恐る泥に触れていた子も時間が経てばへっちゃらに!!

 

 

そんな中でも特に人気だったのは、泡遊びでした。水の状態から泡がどんどんと作られる過程を体感して大喜びの子どもたち!!

 

 

 

 

カップに入れてサイダーに例える子、ケーキのクリームに例える子など、子どもの発想力は十人十色だとうかがえた活動でした。

また、消えてしまった泡を復活する方法を発見すると、「本当だ!」「やってみたい!」と普段はなかなかできない経験にも意欲的な子どもたちでした。

 

 

 

来年の水あそびも楽しめるといいね!